ASP.NET とは

Internet Explorer や Firefox 等のブラウザを使って色々なコンテンツを見る場合、ブラウザからサーバーに向けて「ページ見せて」と要求を投げています。要求を受け取ったサーバーは web ページを応答として返します。

ブラウザ →→→(要求)→→→ サーバー
←←←(応答)←←←

「ページ見せて」という単純な要求ならサーバー上に置いているファイルをそのままブラウザに返せばよいのですが、「○○○に関係のある情報を見せてください」とか「アンケートの回答を送信するから、回答をサーバーに保存しておいてね」のようにその都度サーバー上で何らかの処理をしなければならない場合があります。

このような場合に、サーバー上で利用可能な技術が数種類ありまして、ASP.NET はその中の一つです。